一般法律相談

交通事故
交通事故(被害者側の場合)示談・調停・訴訟
弁護士費用については、概ね、以下のとおりですが、ご相談者(被害者)のご事情を勘案して、ご相談に応じさせていただいております。
【具体例1】 1,000万円の請求訴訟事案で、1,000万円支払われたケース
着手金 {59万円(300万円×8%+700万円×5%)+消費税} +実費
※後遺障害が既に認定されているケースについては、着手金の金額についても、減額あるいは、一部後払い等も、協議に応じさせていただきます。
着手金については、300万円までは8%、300万円を超えた場合には5%と計算させていただいております。
報酬金 {118万円(300万円×16%+700万円×10%)+消費税}+実費
※なお、報酬金については、加害者に任意保険会社(対人無制限)がついている場合には、加害者に弁護士費用(判決では、およそ認定損害額の10%程度を弁護士費用として認める事例が多いです。)を請求できますので、実際には、成功報酬金は、大幅な減額又は実質的には負担がない場合もあります。    



交通事故(加害者側の場合)示談・調停・訴訟
加害者側の事案については、損害保険会社や顧問先様のご紹介のない案件は、原則として受けておりません。悪しからずご了承ください。