弁護士報酬の説明

弁護士報酬
仕事を依頼された場合の費用です。
着手金 弁護士に仕事を依頼された段階でお支払いいただく費用です。
報酬金 仕事が終わった場合にお支払いいただく成功報酬です。
その他 仕事の処理のために実際に出費した費用です。
裁判所に収める印紙代・予納郵券代や記録謄写費用などの他、出張の必要が生じた場合の、交通費や宿泊費なども含まれます。

●事案別の詳細
事案ごとの詳細な内容や費用につきまして、以下のページでご確認ください。
非事業者法律相談 [法律相談料]
交通事故、離婚、遺産分割
法人法律相談 顧問弁護士、創業・起業、事業継承、事業再生、労務問題、コンプライアンス、内部通報制度、契約文書作成・点検など

●弁護士報酬通則   
経済的利益 着手金 報酬金
300万円以下 8% 16%
3,000万円以下 5% 10%
3億円以下 3% 6%
3億円以上 2% 4%

※ 経済的利益とは?
 金銭債権は、債権総額(利息及び遅延損害金含む)
 所有権は、対象たる物の時価相当額

※ 但し、最低成功報酬金は、「10万円+税」とします。
【具体例1】
200万円の支払いを求めて訴訟提訴した場合
着手金 200万円×8%=16万円+消費税となります。
報酬金 裁判の結果、100万円の認容判決がでた場合
100万円×16%=16万円+消費税となります。
【具体例2】
500万円の支払いを求めて訴訟提訴した場合
着手金 (300万円×8%)+(200万円×5%)
 =34万円+消費税となります。
報酬金 裁判の結果、400万円の認容判決がでた場合
(300万円×16%)+(100万円×10%)
 =58万円+消費税となります。


●当事務所で行うコピー
顧問先様 無料(※顧問先様の場合には、事件依頼の場合でも無料です)
ご依頼事件 ・[白 黒 1枚]  20円+消費税
・[カラー 1枚]  50円+消費税
それ以外 ・[白 黒 1枚]  50円+消費税
・[カラー 1枚] 100円+消費税